本文へスキップ

小笠原学園は、1935年創業のカルチャースクールです。

電話でのお問い合わせはTEL.046-871-2082
〒249-0006 逗子市逗子5-10-28

ヤマハ音楽教室

問い合わせページへ

幼児科を修了したお子さまの 進級クラスのご案内
知的好奇心、グングン。音楽基礎力も伸びざかりです。

ヤマハでは、幼児科終了時に、それまで習得した音楽力を「音楽基礎グレード(ヤマハ音楽能力検定制度)」で確認し、次のコースへ進むためのアドバイスを行っています。音楽のよろこびを知り始めたお子様に、進級はさらに大きな夢と希望をもたらします。

特に、6〜7歳は知的能力が目覚ましく発達し、自立心や協調性が芽生える時期でもあり、音楽による情操面の成長との相乗効果で豊かな人間性が育まれます。


 幼児科修了後はお子様にあったコースに進みます
 ジュニア科  2年間のグループレッスンで聴音、歌唱、演奏、アンサンブル、読譜などを総合的に学びます。
 ジュニア専門コース グループと個人レッスンを併用しソルフェージュ、キーボードハーモニー、創作、即興演奏、アンサンブルを総合的に学びます。3年間のコースです。(講師の推薦が必要です) 
 ピアノジュニア  個人レッスンで「自分を表現する演奏力」を学びます。ソロレパートリーや連弾など。
 エレクトーンジュニア  ソロレパートリーやコードネームを使った伴奏づけ、エレクトーンアレンジなど総合的に学びます。


ジュニア科 
 講師 ヤマハ音楽教室講師
 開講日時 お問い合わせください
 レッスン時間 60分/回 × 月3〜4回(半年で20回)
 期間 2年
 授業料(グループ) 1年目 8,640円/月(維持管理費込)
2年目 9,180円/月(維持管理費込) 
 初回教材費 1年目 13,716円 
 別途教材費 2年目 13,932円
   (表示の金額は消費税8%が含まれています。)

ジュニア科 レッスンの特徴

自主性を育みながら聴音、歌唱、演奏、アンサンブル、読譜など総合的に学びます。

幼児科で培った音楽力を大きく伸ばします。さまざまなレパートリーを弾く体験をとおして、演奏力やアレンジ力を養うとともに、歌うことでの音感や表現力の一層の育成、また「聴く力」やハーモニーの感覚もさらに磨きます。また、グループレッスンの中で無理なく「創作」を経験します。お友達の前で発表する機会を多く取り、音楽による自己表現の楽しさを実感し、自立して音楽を楽しめる姿勢を育みます。


聴く力をさらに伸ばしていきます

ジュニア科イメージ写真
ジュニア科では幼児科で育まれた「聴く力」をさらに伸ばしていきます。また様々な伴奏を聞き取ったり、演奏したりすることによって、ハーモニーの感覚をさらに養います。

歌うことをとおしてより豊かな表現力をみにつけます

ジュニア科イメージ写真
元気な曲は元気に、悲しい曲は悲しそうに・・・。音楽に感情をこめて表現する力を身につけたり、音感を育てる上で、歌うことはとても大切。弾くことはむずかしくても自分の声で歌ってみることによって、楽譜に書いてあるいろいろな記号の意味を、よりはっきりと理解することができるのです。自分が表現したいものを自分の声を使って表に出す。それが豊かな音楽表現へとつながっていくのです。

鍵盤を弾く力もグンとアップ

ジュニア科イメージ写真
幼児科にくらべ、腕や指先を動かす能力が格段に発達するのがジュニア科の年齢。それにあわせてさまざまな「(鍵盤を)弾く体験」をします。演奏技術を学ぶ「レパートリー」。テキストの曲集から自分で弾きたい曲を選んで練習に取り組む「マイレパートリー」(ジュニア科1年目後半から)。そして、複数のパートを分担してグループ全員で仕上げていく「アンサンブル」。これらの体験をとおしてジュニア科では鍵盤を弾く力を伸ばしていきます

豊かな感性と創造性を育みます

ジュニア科イメージ写真
かんたんなメロディーに自分の好きな伴奏をつけたり、変奏をしたり、絵から思い描いたイメージを音にしたり・・・。ジュニア科では楽譜に書かれていないことを音楽でさまざまに表現することで、この年齢でしかできない音楽表現を大切に引き出していきます。

楽譜への興味が読む力へ

ジュニア科イメージ写真
自分で弾きたい曲が弾けるようになるためには、楽譜を読む力も必要になります。知的理解力が大きく伸びる時期であるジュニア科では、歌ったり、弾いたりしたものを積極的に楽譜と結びつけながら、楽譜を読むために必要なことを、無理なく段階を追って学んでいきます。

6〜7歳ってどんな時期?

ジュニア科イメージ写真
  • 身体能力(たとえば指先の骨格や筋肉など)が著しく成長します。
  • 記憶力が急速に発達します。
  • 自立心、独立心が生まれてきます
この時期の子どもたちは、心と身体が著しく発達する時期です。まず心の面では「自分の力でやってみよう」という自立心が生まれてきます。またそれにともない、集中力や記憶力も育まれてきます。一方、身体の面では筋肉が発達し始めるため、腕や指先を思ったように動かすことができるようになってきます。ジュニア科では、そんな子どもたちの心身の成長に合わせたレッスンが行われます。

ヤマハ音楽教室 逗子教室の発表会「レパートリーコンサート」で演奏された曲を収録したものです。

演奏曲:気球にのって出発だ
公開している演奏曲は幼児科から進級してきた生徒が3〜4か月で弾く曲です。右手にスケールが出てくるので、指使いに気をつけます



演奏曲:ワルツ
公開している演奏は幼児科からスタートした生徒が進級後すぐに弾く曲です。右手と左手のリズムが異なります。


演奏曲:すがすがしい朝
ジュニア科1年目の後半からたくさんの曲の中から自分で選び仕上げていく「マイレパートリー」が登場します。この曲はジュニア科2年目の後半にある曲です。


ヤマハ音楽教室のパンフレットより抜粋
表示の内容は変更する場合がございます。