本文へスキップ

小笠原学園は、1935年創業のカルチャースクールです。|江戸の衣食住と風呂敷のつつみ方を学び、お江戸散策を楽しみます

電話でのお問い合わせはTEL.046-871-2082

〒249-0006 逗子市逗子5-10-28

講座案内item list

江戸っ子の知恵とお江戸散策

スケジュールの確認と予約ページへ

講座イメージイラスト

お申込み受付中!

こちらの講座は ‟入会金不要” の講座となっております
 講師名  つつみ 純子
 開講日時   いずれも10時半~12時に開催
1日目
2018年6月12日(火)
2日目
2018年6月26日(火)
3日目
2018年7月10日(火)
4日目
2018年7月24日(火)
5日目
2018年9月11日(火)
6日目
2018年9月25日(火)
 レッスン時間 90分/回 × 全6回
 授業料   9月からご参加いただけます5,400円/のこり2回分
(維持管理費)
※集合場所までの往復交通費は各自ご負担ください。
 教材テキスト 500円
 持ち物 筆記用具
 見学  ×
 (表示の金額は消費税8%が含まれています。)

レベル・対象(入門~)

こんな方におすすめしています

● 和文化が好き
● 江戸時代に興味がある
● 東京の街歩きをしてみたい
● おいしいものが好き
● 風呂敷のつつみ方をたくさん知りたい
● おもてなしの心を学びたい

レッスンの特徴

 ■ 徳川家康により開幕した江戸幕府。江戸の文化は花開き発展してまいりました。江戸時代を学び、江戸の文化をお楽しみいただく講座です。
 ■ 第1、3、5回目のレッスンは逗子のお教室で当時の衣食住を学び、後半は風呂敷活用術を実践を通して学びます。第2、4、6回目のレッスンではお江戸の街歩きを楽しみながら江戸文化に触れていただきます。
 
 
1日目
6月12日(火)江戸の衣食住
■代表的な江戸の食(寿司・天ぷら・そば・鰻)
■庶民の食生活
■和菓子
■印象がアップする風呂敷包み(基本の包み方他)
2日目
6月26日(火)お江戸ツアー
■日本橋編
江戸時代から続く老舗探訪。伝統工芸、食品、お食事処などを紹介します。
3日目
7月10日(火)江戸の衣食住
■江戸っ子の知恵が詰まった住文化の紹介。
■印象がアップする風呂敷包み(お付き合いに役立つ包み方)
.
4日目
7月24日(火) お江戸ツアー
■神楽坂編
江戸時代からの道歩き。伝統工芸、食品、お食事処などを紹介します。
5日目
9月11日(火)江戸の衣食住

■江戸時代の粋なお洒落と流行
■風呂敷の色と文様
■印象がアップする風呂敷包み(お洒落に役立つ包み方)
      
6日目
9月25日(火) お江戸ツアー
■人形町編
江戸の庶民が暮らした下町情緒探訪。伝統工芸、神社、食べ歩き、お食事処を紹介します


皆様のお越しをお待ちしております。

講師紹介

つつみ純子イメージ画像 つつみ 純子
風呂敷文化研究科。風呂敷を通して日本の伝統文化や日本人の知恵を伝える活動をライフワークとしている。日本ではじめて風呂敷で単位認定となる授業「ふろしき学」を都立高校で実施。年中行事・伝統食・室礼(しつらい)など、日本の生活文化を伝える講演やワークショップを国内外で開催。エネルギッシュに活動中。  
 講演実績
2011年
国際交流基金(ポーランド・ジョージア・イスラエル)  

2014年
カタール国贈呈風呂敷コンサルティング

2015年
在ホノルル日本国総領事館レセプション

その他、企業、団体、政府関係機関、大学、高校など講演多数。
 
 メディア・コンサルティング
日本テレビ 「月曜から夜ふかし」
NHK BS 美の壺「心を包む風呂敷」
フジテレビ 「バイキング」
マイナビニュース 暮らしのtips 「風呂敷とつつみ方」監修
ゼクシイ記事 「親あいさつ円満のコツは、「手土産を風呂敷に包む」だけ」」  など、他多数。

スケジュールの確認と予約ページへ